本文へスキップ

大分県大分市 歯科/小児歯科/抜かない床矯正 子ども/子供の歯医者さん かずの歯科・小児歯科

生え変わり時期の虫歯予防molt season caries prevention

永久歯への生え変わり時期

 乳歯は、永久歯に比べ小さく、成長に従い大きくなる咬合力に対応できません。その為、歯はより大きく頑丈な永久歯へと生え変わっていきます。
 その開始時期は6歳頃で、6歳臼歯が生え始めるか、下の前歯が生え変わります。6歳臼歯は、今まで生えていた乳歯よりもさらに奥に生えてきます。生えてきていることに気付かずにお手入れをしていると、ブラシが当たらずに汚れが溜まっていきます。この時期になったならば、仕上げ磨きの際に、よく奥歯を観察しましょう。
 また、6歳臼歯は生えてくる際に周辺の歯ぐきを押し広げながら生えてくる場合があり、ご飯を食べたときなど、その歯ぐきを傷つけてしまうこともあるので注意が必要です。
 6歳臼歯の咬む面は、複雑な形をしており、溝が深く歯ブラシの毛先が届かない場合もあります。チョコレートやアメなどが、その溝に入り込んだままでいると当然虫歯になっていきます。それを予防するには、上記のようなお菓子を控えることが一番ですが、それ以外には、音波歯ブラシ(ソニッケアープリニアなど)を使うか、シーラント(あらかじめ深い溝を埋める:下記参照)という方法があります。


シーラントとは

 奥歯には、図のように歯ブラシの毛先が届かない溝が存在します。
溝に食べカスなどの汚れがたり、そのままにしておくと当然虫歯になってしまいます。それを防ぐために考え出された方法が「シーラント」といわれるものです。

歯というものは、生えたてが一番弱いのです。6才臼歯など生えて間もない歯が虫歯になるのは、歯が弱いことと、既出の溝が存在するためです。

この方法は、歯を削ることはありません。溝を埋めるだけなので歯にも優しい方法です。(歯と歯の間は、シーラントでの予防ができません)

スタッフ募集中

Kazuno Dental Clinicかずの歯科小児歯科

0120-1212-61
info@kazuno-dental.net
TEL 097-536-5331
FAX 097-533-8353
〒870-0029
大分県大分市高砂町4-1