本文へスキップ

大分県大分市 歯科/小児歯科/抜かない床矯正 子ども/子供の歯医者さん かずの歯科・小児歯科

乳歯の虫歯予防Milk tooth decay prevention

乳歯の歯磨きポイント

 乳歯は、永久歯に比べ小さいことは一目瞭然です。子どものお口も小さいので、大人と同じ大きさの歯ブラシを使うことや、大人と同じように磨くことはやめましょう。歯ブラシはなるべく小さいものを使い、歯1本1本を磨くようにしてください。

 1歳くらいまでは、奥歯が生えてきていないのでガーゼ等で表面の汚れをぬぐう程度でもかまいませんが、歯と歯の間の汚れは落ちないので注意が必要です。歯と歯の間にはブラシか、糸ようじ・フロスを通すといいでしょう。また、おやつに野菜スティック等を持たせてあげると、野菜の繊維で結構きれいになります。

 1歳半くらいになると、奥に第1乳臼歯と呼ばれる歯が生えてきます。奥歯は、虫歯菌にとって住みよい場所なのです。その歯が生えだしたら、いよいよ歯磨きを本格的に習慣づけていきましょう。といっても、全部の歯を一生懸命磨くのではなく、奥歯の噛む面を重点的に磨きましょう。その他の部位は、お子さんの機嫌が良ければ引き続き磨きましょう。特に歯と歯の間に食べかすが詰まっていないか注意しましょう。

 2歳半〜3歳になると、さらに奥に第2乳臼歯が生えてきます。奥歯が生え揃うと、ある程度お口の中の虫歯菌の多い少ないが決まってきます。この時期になると、お子さんも言うことを少しずつ理解してきますので歯磨きが楽になってくると思います。
 ただ、奥歯は直接見ることが難しいため、磨き残しがよくあります。また、よく見えないため歯ブラシが歯ぐきに当たったり、歯ブラシの柄でほっぺたをつついたりして子どもが歯磨きを嫌がることもあるので、注意が必要です。なるべく小さなブラシを使い小さく動かしてあげてください。よく見えない場合は、お子さんの首の後ろに枕を入れたり、仕上げ磨きされる方の足を入れると頭が上向きになり見やすくなります。ほっぺた側を磨く際には、かみ合わせてもらってからほっぺたを指で拡げてあげると磨きやすいです。最近では、電動歯ブラシという文明の利器があるので、その振動を嫌がらなければ使うことをお勧めします。

乳歯の大切な役目

子どもの歯は確かに大人の歯が生えるまでの短い命です。
しかし、子どもの歯は大きく成長していく体にも、心にも重大な影響をおよぼします。

 歯は消化器官の一部であり、食べ物の最初の関門、入り口です。口のなかで食べ物は小さく噛み砕かれ消化酵素などを含んだ唾液とよくまぜられ、初めて胃に送られます。よく噛み砕かれなかったら、胃にも腸にも余分の負担がかかります。しまいには消化不良となることも考えられます。胃や腸が消化器官の一部としてなくてはならないように、子どもの歯の一本一本も大切なのです。歯で、よく噛むということは、消化吸収にとどまらず、アゴの発育や、人間の一番たいせつな頭や脳の発育などの重要な影響を与えるのです。

 噛みごたえのある食べ物や、野菜類を好んで食べ、かつよく噛む事により、咀嚼筋(そしゃくきん)は力強く働き、噛む刺激、振動は中枢神経を刺激して、成長ホルモンの分泌が活発になると同時に、脳内の血流をよくし、特に記憶力や知能開発に大切な、大脳皮質の発育に大いに影響を与えると言われています。

 また、子どもの歯はその下から生えてくる大人の歯の位置を決定する役目があります。子どもの歯が虫歯などでよく噛めないと、アゴの骨の成長発育が体の成長発育より少なくなり、大人の歯は(6才頃から生えだします)どこに生えていいのかわからず、生える場所がなくなり、いわゆる乱ぐい歯、鬼歯、受け口等歯列不正になります。

 虫歯ができると痛くてよく噛めない。歯が溶けてしまって、噛もうとしても食べ物が噛めない。愛情を込めて作った食事も、軟らかい所だけたべるようになります。これが偏食の始まる原因のひとつでもあり、栄養のアンバランスを生じます。いつも軟らかいものばかり食べていたり、あまり噛まずに牛乳とかジュースで流し込んだりすると、アゴも発育せず口元のしまりのない、顔となり、虫歯の子とかわりがなくなります。

 虫歯が多い子や噛む力の弱い子は、子どもの持つ本来の活力を失います。行動そのものも弱く、やがて体力不足で戸外で遊ぶことが少なくなり、友達も少なく、社交性や、情緒の発育も遅れ、家の中ばかりいて、内向的性格になりやすいのです。

どうせ生えかわる歯だからと考えないでください。

生えかわると歯といえども子どもにとってはかけがえのない大事な歯です。虫歯は治してから、「噛み噛みしなさい」「よく噛んで」と教えてください。

「痛みだけとってくれたらいいんです」なんて考えないでください。
よく噛める歯が必要なのです。
「今痛くないから治さなくてよい」と考えないでください。
痛くなってからの治療は大変です。
痛くない、小さいうちに虫歯を早めに治す事が重要です。

しかし、ここで考えていただきたいのは、虫歯を治すことも大事なのですが、もうこれからは、
『新しい虫歯を作らないようにする事』 がもっとも大切な事です

スタッフ募集中

Kazuno Dental Clinicかずの歯科小児歯科

0120-1212-61
info@kazuno-dental.net
TEL 097-536-5331
FAX 097-533-8353
〒870-0029
大分県大分市高砂町4-1