本文へスキップ

大分県大分市 歯科/小児歯科/抜かない床矯正 子ども/子供の歯医者さん かずの歯科・小児歯科

歯が生える前にする歯磨きトレーニングInfant Tooth Brushing

歯が生える前にしてもらいたいこと

 赤ちゃんは、生後8か月ごろ下の前歯が生え始めます。そうすると歯磨きの練習を開始しようかなぁと思われるお母さんが多いかと思います。しかし、いきなりお口の中にはブラシが入ってくると赤ちゃんはびっくりしてイヤイヤ嫌がります。

そんな時どうしたらいいでしょう???
実は、歯が生えてくる前にやってもらいたいトレーニングがあるのです。

生まれてから口の中に入ってきていたものは、おっぱいや哺乳瓶の乳首がほとんどです。赤ちゃんにとって安心する素敵な感触でしょう。また、生後4〜5か月ころまでは「舌突出反射」があり、乳首以外のものを排除しようします。 生後6か月ころにこの反射はなくなり、同時期に自分の周りにある色々なものをなめたり、しゃぶったりを始めます。コレ、とても大事なのです。この時期になると、体の中でも感覚が敏感なお口で様々な刺激を受け入れていきますので、少しずつ歯磨きトレーニングを開始していきましょう。具体的には、口の周りや口の中を触ってあげることがいいでしょう。

指を嫌がらなくなったら、清潔なガーゼを指に巻いて同じように触ってあげてください。これは、前歯が生え始めてからも続けてもらうといいと思います。上下の前歯が生えそろう(1才前後)頃までは、歯ブラシは使わずガーゼや綿棒で汚れをぬぐってあげる程度十分です。

上下の前歯が生えそろってから(1才前後)は、歯ブラシの感触も慣れてもらえるようにしていきましょう。赤ちゃん用品店などにある「ゴムでできた歯ブラシ」などを使ってもいいかもしれません。ただし、立ち上がったり、歩き回ったりしているときは使用しないよう注意して下さい。パパやママが歯磨きをしている隣で「マネゴト」してもらうといいでしょう。

このようにして、少しずつ歯磨きトレーニングをしていっては如何でしょうか?^^

嫌がる我が子をみていると、「歯磨きがなかなかうまくできない。どうしたらいいの?」と悩むお母さんが多い事と思います。心配しないでください、赤ちゃんは歯磨きを嫌がるのは正常な反応ですから。焦らずにじっくりトレーニングして我が子の成長を見守ってください。



参考図書:保育者が知っておきたい 子どものむし歯予防と実践ポイント 朝田芳信 著 重田優子 絵 学健書院

スタッフ募集中

Kazuno Dental Clinicかずの歯科小児歯科

0120-1212-61
info@kazuno-dental.net
TEL 097-536-5331
FAX 097-533-8353
〒870-0029
大分県大分市高砂町4-1