本文へスキップ

大分県大分市 歯科/小児歯科/抜かない床矯正 子ども/子供の歯医者さん かずの歯科・小児歯科

小児歯科Pediatric dentistry



『かずの歯科』の小児歯科

 小児歯科専門の歯科医院がなぜ必要でしょうか。
 今まで、子どもは大人の患者さんの間で、小さくなって歯の手当てを受けていました。
 かずの歯科では、思いきり安心して泣ける環境、気兼ねのない子どもばかりの患者さん、のびのび治療のできる環境を小児歯科専門フロアーとしてご準備できました。

 小児の治療は、大人と違って特殊技術が必要です。先ず、子どもの大好きな先生、子どもを可愛がる歯科衛生士や歯科助手が必要です。
 一回か二回、思いきり泣き、痛くないのが分かれば、子どもは一人で治療台に登りだします。一回でも子どもの意思に反して、強制的に痛い目にあわせると、心の奥に焼きついた苦しみの記憶は、一生涯の長い間、性格異常となって残ります。

 □の中に「むし歯」がたくさんある青年がよく来院します。しかし歯の痛みがとれると来院しません。歯でどれほど苦労することでしょう。
 小さい時に焼きついた、不幸の思い出は、無意識の世界に潜んでいて、無意識に性格をゆがめています。特別の性格異常となります。ひがんだ心の持ち主となってしまいます。

 小児歯科の仕事は、非常に大切なのです。痛くない治療、無理をしない治療、子どものなっとくのいく状態での治療が必要なのです。少し痛い目にあっても、そのあとで安心のできる治療と、ひきつづいて治療のできる状態を作ることが大切です。
 歯科治療によって受ける幼児の心の痛手を、お母さんは簡単に考えないで下さい。すなおな子どもに育てるために、小児歯科は絶対に必要な専門分野です。

 かずの歯科小児歯科では、2階を一般診療所、3階を小児歯科専門のフロアーとして実現しました。そしてお母さん方に、おやつのこと、砂糖の害、食事の重要性、噛み方、歯の正しい手入れ法などのアドバイスをしています。


子どもの治療は非常にむずかしいのです。大人でも、小さい外科手術に手を縛って安全を期しますように、子どもの小さい口の中は動いたら大変です。歯科治療は進歩しています。どのような、あばれる子どもでも安心して治療が受けられます。
 乳歯は、幼児期という発育の盛んな時期に使う大切な歯です。乳歯の手当ての適否は大人の歯に影響します。
 楽しい歯科治療の夢を実現しました。子ども同志の競争心理を上手に活用できるのも小児歯科専門フロアーの特徴です。三人も同じ子どもが治療台に並ぶと、面白いほど子どもの心理は動きます。子どもの歯医者さんという雰囲気が、小児歯科には必要です。

スタッフ募集中

Kazuno Dental Clinicかずの歯科小児歯科

0120-1212-61
info@kazuno-dental.net
TEL 097-536-5331
FAX 097-533-8353
〒870-0029
大分県大分市高砂町4-1