本文へスキップ

大分県大分市 歯科/小児歯科/抜かない床矯正 子ども/子供の歯医者さん かずの歯科・小児歯科

矯正歯科・床矯正Orthodontists

歯並びは犬歯が生える前までに治しましょう
施設写真

まずは、お子さんのお口の中をよく見てください
どの写真に似ていますか?

1と似ている場合、歯と歯の間が開いており、心配される親御さんがいますが、歯並びについては心配する事はありません。正常な発育をしています。生え換わる永久歯の大きさを考えれば当然です。


次に2と似ている場合、年齢により問題ない場合と問題となる場合とに分かれてきます。アゴの発育が期待できる年齢であれば、よく噛むことでアゴの発育を促すことができます。これ以上発育が期待できない場合は、永久歯が生えてくるスペースが足りず、乳歯の裏に生えてくるか、3のように下の前歯が乱れて生えてくること(乱ぐい歯)が予想されます



4と似ている場合、「反対咬合」と呼ばれる不正咬合となります。このまま放っておくと下の顎が前方へ成長し、いわゆる受け口顔になってしまいます。顔の骨の成長を考えた矯正が必要です。


 5と似ている場合、「上顎前突」と呼ばれる不正咬合になります。多くの場合、下の唇をかむ癖や頬杖を突くなどの悪習慣が原因である場合があります。癖を治し、顎の成長を考えた矯正が必要です。

 
6と似ている場合、「開口」と呼ばれる不正咬合になります。主に、舌を突きだす癖や噛む癖があると起こります。自分で止めることができない場合は、舌が前に出ないように矯正装置を入れる必要があります。



 ここに挙げた6つの写真以外にも、様々な不正咬合が存在します。これらの複合型も存在します。一度お子さんのお口の中をしっかりとご覧ください。もし、気になることがありましたらすぐに歯科医院を受診することをお薦めします。

さらに詳しくお知りになりたい方は下記のページもぜひご覧ください




スタッフ募集中

Kazuno Dental Clinicかずの歯科小児歯科

0120-1212-61
info@kazuno-dental.net
TEL 097-536-5331
FAX 097-533-8353
〒870-0029
大分県大分市高砂町4-1