本文へスキップ

大分県大分市 歯科/小児歯科/抜かない床矯正 子ども/子供の歯医者さん かずの歯科・小児歯科

口呼吸Mouth-breathing

 口呼吸になっている人の半数近くが、自分が口呼吸している自覚がないそうです。
唇が乾燥してしょっちゅうリップクリームを塗っている人は、口呼吸をしていますよ。口を閉じて鼻呼吸をするだけでリップクリームが要らなくなります。食事中、くちゃくちゃと音を立てている人も口呼吸をしているのです。そんな人が近くにいたら、是非教えてあげてください。優しくそれとなく・・・
だって口呼吸は・・・

口呼吸・口ポカンは万病の元

 最近、口呼吸についての問題点が指摘されています。
歯科領域の疾患にとどまらず、さまざまな疾患に影響しているのです。
口呼吸が影響を与えている疾患の例としては、むし歯・歯肉炎・歯周病、出っ歯等の歯列不正、風邪、アトピー、気管支喘息、自律神経への影響などなど、本当に万病の原因と考えられています。




鼻の役割は何でしょう?

 本来、人間を含め哺乳類は『鼻』で息をする生き物です。しかし、哺乳類でも人間だけはなぜか『口』で息ができるようになってしまったのです。

では、口で息をすると、どうして病気になるのでしょう??

 まずは、鼻の機能についてお話します。鼻は、臭いをかぐだけが仕事ではありません。息をした時には少なからず周囲を飛んでいるホコリやカビの菌、その他体にとって侵入されることが好ましくない物が入り込んできます。それらをせき止める為に「高性能空気清浄機能」が備わっています。口呼吸をしている人は、それらの有害な浮遊物を直接体の中に取り込んでいるのです。これだけでも口呼吸の怖さがわかっていただけたことと思います。

 しかし、鼻の機能はそれだけではありません。口で空気を吸い込むとすぐに口の中が乾いてしまうと思います。しかし、鼻で息をするとどうですか? 鼻で息をしていてのどがカラカラなんてことは、あまり経験したことがないののではないでしょうか?
 また、濡れたタオルが数秒で凍るような・バナナで釘が打てるような、極寒の中でものどが凍ってしまうことはないですよね? このように鼻には「加湿・加温機能」が備わっています。生き物が生きてく上で『鼻』の大切さ・鼻呼吸の大切さがお解かりいただけたでしょうか?  日本免疫病治療研究会会長 西原克成 先生は、2008年6月2日 読売新聞で「鼻呼吸の習慣を」のタイトルで「口呼吸する子供が最近増えている」「鼻は、空気浄化装置である。加湿器の役割もあり、適度に加湿された空気は肺で酸素を吸収しやすくなり、脳も活性化される。」と言っています。また、鼻呼吸の習慣 を乳幼児のころから習慣づけることが大切であり、おしゃぶりを上手に活用することを勧めています。
口の周りの筋肉を鍛える装置






鼻詰まりの原因は


 次に、どうしても鼻が詰まり口呼吸せざるをえない場合の原因を考えます。アレルギー性鼻炎などの他にも、原因がお口の中にある場合もあるのです。上アゴは、口の天井でもあり、鼻の底でもあります。口の構造の異常は、鼻の異常を呼んで、鼻炎や花粉症の原因になる。この場合、いくら鼻の治療をしてもなりません。口の治療が必要になるのです。



その他の原因は?


 口呼吸せざるをえない理由は、ただ単に鼻が詰まっているだけなのでしょうか?

 どうもそれだけではなさそうです。

 最近の食生活に問題があるのです。最近のお子さんの好きな食べ物ランキング上位にランクするものは何でしょう? こたえはコチラ!!

 この中に、アゴが疲れそうな、よく噛んで食べなきゃならない食べ物はありましたか? これだけが原因とはいえないかもしれませんが、昔に比べよく噛んで食べるものが少なくなってきていると思います。その為、お口の周りの筋肉がうまく発達できずに「口がポカン」となっているのではないでしょうか??

関連HP:他サイトもあります。
西東京市の歯科 みずた歯科医院 「口ポカンについて」
栃木県佐野市 横塚歯科医院 「口呼吸?鼻呼吸?」

スタッフ募集中

Kazuno Dental Clinicかずの歯科小児歯科

0120-1212-61
info@kazuno-dental.net
TEL 097-536-5331
FAX 097-533-8353
〒870-0029
大分県大分市高砂町4-1