本文へスキップ

大分県大分市 歯科/小児歯科/抜かない床矯正 子ども/子供の歯医者さん かずの歯科・小児歯科

口腔内科学Oral physiotherapy

歯周内科治療

*歯周病 自己チェック

 ●口がにおわないですか?         ●歯ブラシに血が付かないですか?
 ●歯茎の色が赤紫色ではないですか?    ●歯が動いていませんか?
 ●歯・歯茎がむず痒くありませんか?    ●朝起きたら口がネバネバしませんか?

一つでも当てはまれば歯周病にかかっている可能性があります。なるべく早く、歯科医院を受診されてください。

◆詳細メニュー



◆歯周病とは

 歯と歯茎の隙間から細菌が入り込み、歯を支えている歯肉や歯槽骨などの歯周組織が徐々に侵されていく病気です。通常、歯周病の進行に痛みは伴いません。歯が動き出したら手遅れです。そうなる前に予防がとても大切になってきます。
実際は、お口の中でこれらの細菌が蠢き悪さをしているのです。 歯周病の治療とは、これらの細菌を減らすことです。ある程度細菌数が減ってくれば、症状は落ち着いて来るのです。



◆歯周病の治療法・歯周内科治療とは

 歯周病治療といえば、昔から歯磨き指導と歯石を除去するなどのお口のお掃除が基本的な治療です。
 しかし、この基本的治療をしても、一生懸命歯磨きしても、なかなか歯肉の炎症が取れず、歯肉の腫れや出血・口臭で悩まれ、歯周病で歯を失う方がおられることも事実です。
ところが、簡単に薬で治す方法がみつかったのです。原因である菌を特定し、薬でその菌を退治する事ができるようになったのです。この治療法は21世紀に入ってから行われている方法で、最新式の治療方法「顕微鏡を使った歯周内科治療」です。
 
この治療方法には4つの大きなポイントがあります。

@位相差顕微鏡での菌の確認
A細菌の除去薬剤の内服
Bカビの除去薬剤あるいはカビとり歯磨き剤での歯磨き
C除菌後の歯石とり


どれもとても重要なポイントです。




◆位相差顕微鏡検査について

 ページのトップに出ている画像をこれで見ることができます。
 顕微鏡検査では歯周病菌やカビ菌がほとんどの方にみられます。我々は、患者さんの口の中の汚れをほんの少し採取し、それを顕微鏡で観察します。
 顕微鏡で見る事で、今現在の菌の状態を確認することができ歯周病になりやすいかどうか、今はどういう状態なのか、これからどういう状態になって行くのかがわかってきます。
 さらに映し出された動画像を拡大表示する機能を用いることで治療効果のよりわかりやすい説明をすることが可能です。


◆オーラルフィジオセラピーとは

 歯周病の基本的な治療方針は、「医患共同作戦」です。
 患者さんは「ていねいにブラッシングする」「歯の実力に合わせてよく噛む」等の行為を私ども歯科医療従事者の指導のもとで励行してもらいます。一方、私どもは患者さんの行う行為を援助すると共に、ブラッシングしやすい環境づくりや、歯の安静を図ったり、回復の程度に応じて噛み合わせを回復させるなどを遂行します。
 これらの行為は、患者さんと私どもが密接にコミュニケーションをとりあい、互いに協力し合って歯周病の回復という目標に向かって歩調を合わせ進めていくものです。

右画像にあるように、片山恒夫先生の考え方にのっとって治療を進めていきます

◆その他の治療法

 その他にも、抗菌剤を使わずに口腔内歯周病菌を減らすことのできる乳酸菌LS1療法(プロバイオティクス)や天然ハーブ精油療法を行い、体に優しい、自然療法もご提案させていただいております。

 PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaningの略)
毎日の歯磨きで落ちない歯の汚れを、専門的に徹底的に落としていきます。毎日、知らず知らずのうちに磨き残してしまった部分や歯ブラシでは磨くことができない歯周ポケット(歯と歯肉の間のみぞ)内の歯の根の部分もキレイに磨き上げて汚れを取り除きます。歯石を取るような治療ではなく、あくまで心地よい範囲の刺激で行なわれます。歯周病に罹っていない方が対象です。
 
 詳しくはかずの歯科へご相談下さい。

スタッフ募集中

Kazuno Dental Clinicかずの歯科小児歯科

0120-1212-61
info@kazuno-dental.net
TEL 097-536-5331
FAX 097-533-8353
〒870-0029
大分県大分市高砂町4-1