本文へスキップ

大分県大分市 歯科/小児歯科/抜かない床矯正 子ども/子供の歯医者さん かずの歯科・小児歯科

金属アレルギーMetal Allergy




     

金属アレルギー

《ホロトロピック医学 「歯科と医科の融合を目指して」 歯科医から見た歯と金属と身体の関係 小松倫也》より

 歯科で使用される金属は、通常10から20種類くらいの金属を混ぜ合わせた合金となっています。
 口腔内は、温度差や酸など過酷な状態の中で錆びたりせず、色が良い様に金属を溶かして加工し易いように、などいろんな特色を持たせ、商品ごとに成分が異なります。ということは、口腔内に成分の異なる、いわゆる異種金属が生じることになります。これら異種金属が口腔内に存在することにより、「ガルバニー電流」という微弱電流が生じるということは30年前の教科書にも載っているのですが、現在でもそれほど大きく問題視されていません。
 しかし、生じたガルバニー電流を実際に計測してみると
700mVなど数百mVもの電圧が生じていることが分かりました。驚いたことは、その電圧を放電器で放電させると口腔内と離れた部位である肩の痛みや手足の痛みがほとんど消失したり、軽減したりする患者さんがいらっしゃるということです。もちろんしばらくすると再び電圧が戻りますから疼痛も元に戻ります。
 心電図で見られる心臓での起電力や筋肉の収縮時の起電力よりも
一桁大きな電圧が口腔内に生じているということは身体にとってバランスを狂わすような働きがあってもおかしくはないと思います。

 次に、合金になっている金属の成分についてです。
 皆さんご存知かもしれませんが、ピアスや指輪など身体に金属が触れると金属に接触しているところだけでなく離れた部位に「かぶれ」などのアレルギー性の皮膚炎が生じる事があります。
 歯科の金属に使用される金属は、10から20種類の合金になった金属が使用されていますが口腔内の唾液などの腐食作用により溶出した金属イオンは蛋白と結合して「異種タンパク」(金属ハブテンアレルゲンと言います)である抗原となり局所的ならびに全身的なアレルギー症状を引き起こす場合があります。歯科用の金属にはこれらの金属も使用されているのです。
     




チタンに警告

最近、歯科用金属として注目を浴びている「チタン」ですが、これにも問題があるようです。今までは、生体親和性(体に害が少ない)が優れているとされていますが、それは近代までチタンの加工方法が分からずに、ほとんど扱うことができておらず体に触れることも少なかったので、そう言われているにすぎません。現に、最近ではチタンにアレルギー反応を示す患者さんが増えてきているそうです。
また、歯科インプラントに用いられている「チタン」ですが、純度の高いチタンでは柔らかすぎるため、それを補う目的で他の金属(鉄やニッケル・コバルト)を少量混ぜているそうです。
さらに、最近ではチタンが溶け出すことがあると報告1)2)されました。毎日使われているであろう歯磨き粉に含まれているフッ素によってです。また、これに対応して表面を処理したものがありますが、歯磨き粉に含まれる研磨剤によって、その処理したものが削り取られチタンが露出し溶け出すようです。安定性がよく、溶け出すことがないとされていたチタンがです。溶け出すことがあるのならば、上記のように金属アレルギーの原因となりうるのです。詳しくは下の「化学物質を取り込む合成洗剤」を見てください。
 また、チタンが電磁波を吸収しやすい物質である可能性があるそうです。電磁波を吸収し人体に様々な悪影響を及ぼしていると訴える先生3)もいます。

参考資料
1)小田豊ほか:チタンおよびチタン合金の腐食に及ぼすフッ素イオン濃度の影響, 歯科材料・器械Vol.15, No.4(19960725) pp.317-322
2)小田豊ほか:フッ素配合齲蝕予防剤によるチタンの腐食について, 歯科材料・器械,Vol.12, No.特別号21(19930315) pp. 138-139
     



     

化学物質を取り込む合成洗剤(歯磨き粉)

≪消費者リポート;第982号、1996.9.7≫より

 合成洗剤は金属アレルギーとも関係しています。スウェーデンの製鉄所で、たくさんの労働者がニッケルのアレルギーになりました。合成洗剤で金属板を磨いていたからです。

 同じことが人間の口の中で起きています。歯科医院で虫歯を治療した後、アマルガムやニッケル・コバルトクロム合金、金や銀とパラジウムの合金などを詰めます。これらがアレルギーを起こすことがあるのです。
 金属の詰めものの入った歯を、合成洗剤入りの練り歯磨きのついた歯ブラシで毎日ゴシゴシ磨きます。すると金属の表面の酸化被膜が破けて、微量ですがそれらの金属が口の中に溶け出します。この溶けた金属が体内に吸収され、血液循環に乗って患部に到達。そこで、アトピー性皮膚炎をおこすのではないかと考えられています。

 上半身のひどい皮膚炎に悩んでいた娘さんを調べると、歯にアマルガムとパラジウム合金を詰めていました。これを全部取り除いてセラミックに変えると、劇的に良くなりました。〜中略〜合成洗剤で、有害な化学物質を人体に取り込まれやすくしているのが原因なのではないかと思います。

かずの歯科では合成洗剤ではない歯磨き粉をご用意しています。お気軽にご相談ください。
     



     

化学物質過敏症と歯科との関係

「医者が無力なワケ」より抜粋

 現代では、化学物質過敏症に苦しんでいる人は、アメリカで5人に1人、日本でも10人に1人はいるといわれています。その原因とされている化学物質について、北里大学 神経眼科 宮田幹夫教授からショッキングな警告があります。身の回りで使われている10万種類以上の化学物質の中で、安全性が確認されているのはたったの3%程度というのです。それ以外の97%の化学物質は安全なのか、危険なのかわからないまま使用されているのです。
 今まで化学物質の危険性は、致死毒性だけが問題視されていましたが、現代では、微量でも遺伝子を傷つける特殊毒性(発がん性、催奇形性、遺伝毒性)が立証され、更には免疫毒性(アレルギーなど)の原因、超微量でも化学物質過敏症の原因にもなることが明らかに。
 『キレる』、『ムカつく』という子どもたちの現状も、化学物質が原因でしょう。学校や教育のせいではない、と宮田教授は断言しています。

この化学物質過敏症の原因として挙げられる主なものは、「化学建材」、「食品添加物」、「歯科金属」、「合成洗剤」、「車の排気ガス」などです。
 このうち、歯科金属、合成洗剤は既出の通りです。

もう一度、ご自分のお口の中をご覧ください。
もしかしたら、そこに原因があるかもしれませんよ??
     



     

かずの歯科では・・・

 かずの歯科では、口腔内に金属を用いずに「Emaxによるオール・セラミックス」による治療をすすめております。セラミックは、上記のような金属とは違い、非常にアレルギーの原因となりにくい材料です。
 また、審美的にも天然の歯と見分けがつかないような白いものですので、大きな口をあけて笑っても「銀歯がキラリ」なんて事はありません。
     

スタッフ募集中

Kazuno Dental Clinicかずの歯科小児歯科

0120-1212-61
info@kazuno-dental.net
TEL 097-536-5331
FAX 097-533-8353
〒870-0029
大分県大分市高砂町4-1